企業法務

こんなお悩みありませんか?

  • 新規取引の契約書を、法的な観点で確認してほしい
  • 法務に人員が割けないので、手軽にアウトソースしたい
  • 未入金を回収する場合、どのような手段が考えられるのか
弁護士へ相談するメリット
当職はかつて、企業内弁護士としてメーカーに勤務しておりましたので、柔軟な対応やメーカーのビジネスモデル(特に自動車業界サプライヤー)の理解に自信がございます。特に、独禁法と下請法は得意としているところです。公正取引委員会とのやりとりなど、経験者しか持ち得ないノウハウを十分に発揮いたしますので、気軽にご用命ください。

契約書チェックのケーススタディ

ご相談内容
法務部に取引先からの契約書が回ってきたが、評論をする者ばかりで、何の進展もない。事態を前に進めてもらえないだろうか。
無料相談でのアドバイス
前職の経験を生かし、文面のチェックだけではなく、相手方との交渉を同時に行うことも可能ですので、安心してご一任ください。
正式依頼を受けて
あらかじめ争点になりやすい部分については、複数の案を用意し、譲れる部分について優先順位を決めた上で相手方と交渉し、無事、締結に至りました。
弁護士の目線
書面チェックに限らず、相手との直接交渉も承ります。ご依頼者と確認を取りながら慎重に進めていきますので、折衝が苦手な方でも、遠慮なくお声がけいただけないでしょうか。

英文書類に関するケーススタディ

ご相談内容
外資系の取引先から、数十ページにわたる契約書を渡された。ビジネス英語に堪能な従業員もいるのだが、やはり専門家に任せたい。
無料相談でのアドバイス
外国語で書かれた契約書の場合、一般的な和訳と異なり、法律用語をわかりやすく日本語化する必要があります。英語だけでなく、法律用語にも精通していないと、正確な和訳にはならないでしょう。
正式依頼を受けて
契約書の全文につき日本語訳を作成しましたので、契約についての理解を深めていただき、当該取引におけるリスクを正確に把握していただくことができました。
弁護士の目線
経営者の方のお立場からすれば、従業員にどの仕事をさせるのかという点は、重要な資源の割り振りであり、重要な仕事こそ従業員の方にやらせるべき仕事となります。時間がかかりすぎる仕事、外部に適切な人材がいる場合(契約書のチェックや、翻訳はこれに該当すると当職は考えます)には、積極的に、外部の専門家の知見を活用されてはいかがでしょうか。

独禁法に関するケーススタディ

ご相談内容
ご依頼者は、各化粧品メーカーから委託を受け、インターネットによる大規模な販売代理を行っている経営者。昨今、不当表示を続けている某社を廃除したところ、「正当な競争を阻害している」として訴えられた。
無料相談でのアドバイス
相手側の理屈は通りません。なぜなら「消費者を保護する」という目的が明確だからです。とはいえ、告訴を受けた以上、このまま放置していると言い分を認めたことになりかねませんので、当職が交渉いたします。
正式依頼を受けて
先方に対し、不当表示の事実を積み重ね、ご依頼者の真意を説いたところ、告訴を取り下げてきました。
弁護士の目線
今回のケースとは直接関係ありませんが、商行為のなかには、公正取引委員会に届け出が必要なものもございます。行動を起こしてから「知らなかった」では済まされませんので、大きな判断が加わる場合は、事前に弁護士へ確認した方が好ましいでしょう。

良くある質問

Q

独禁法の注意点について、セミナーをお願いできますか?

A

もちろんです。全般的な啓発に限らず、具体的な事業を想定している場合も対応可能です。

Q

顧問契約の料金はどうなっていますか?

A

法人・事業者のお客様の場合は、月額3万円からとなっていますが、業務内容や量によってご提案させてください。顕在化した問題に限らず、社内情報の吸い上げによって、隠れたリスクをご明示できると思います。

企業法務に関する弁護士費用

※テキストテキストテキスト

※テキストテキストテキスト

どんなことでもお気軽にお声掛けください。 当職は、30分無料の法律相談を承っております。正式なご依頼とは切り離し、アドバイスを受けるだけでも構いません。内容によっては、ご自分で進められるでしょう。「こんなことを話したら笑われるかもしれない」などの心配はご無用です。どのようなことでも気軽にお声がけください。

どんなことでもお気軽にお声掛けください。 当職は、30分無料の法律相談を承っております。正式なご依頼とは切り離し、アドバイスを受けるだけでも構いません。内容によっては、ご自分で進められるでしょう。「こんなことを話したら笑われるかもしれない」などの心配はご無用です。どのようなことでも気軽にお声がけください。

弁護士 安田剛 東京スタートアップ法律事務所 受付時間 8:00~21:00  〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-2藤森ビル4階

弁護士 安田剛 東京スタートアップ法律事務所 受付時間 8:00~21:00  〒102-0093 東京都千代田区平河町2-12-2藤森ビル4階

  • top_btn06.jpg
  • 質問・相談はこちら